マレーシアの外資系企業で働く

  • マレーシア
  • 近年、マレーシアの外資系企業で日本人向けの求人が増えております。

    マレーシア政府は、製造業への依存を脱却し、自国をアジアのIT・情報集約産業のハブとして成長させるため、世界各国から積極的にBPO企業*やSSC**、GBS**を誘致しています。

    日本でも業務のスリム化が促進される中、こうした外資系企業が日本でのプロジェクトを受注し、マレーシアで業務を行うというかたちで現地で勤務できる日本人を積極的に採用しているためです。

     

    *Business Process Outsourcing:顧客の業務プロセスの一部を受託し運営するサービスを提供する企業 

    **Shared Service Centre: 経理、人事、購買、ITといった一事業部の業務プロセスの効率化やコスト削減を目的とし、特定の国に業務を集約しオペレーションする会社になります。

    ***Global Business Service: SSCに形態が類似していますが、オペレーション業務の効率化に加え、高付加価値業務として業績予測などの情報分析、全社改革・ガバナンス強化などの経営サポートを担う機能を持ちます。

     

    ポジションはカスタマーサービス系から経理やIT等の専門知識を必要とするものまで様々です。

    また、コロナ禍においてオンラインサービスを利用することが多くなったため、こういった求人・職種の需要がますます増えてきています。

    業務では日本語も多く使用しますが、外資系ですので社内でのトレーニングや指示報告等社内公用語は英語、日本以外のプロジェクトも動いているため他チームを含めると多国籍な環境です。

    生活面でも多民族国家であるマレーシアは多言語話者が多く、準公用語として英語が広く使用されています。

     

    <求人例>

    〇外資系BPO企業/採用コーディネーター

    応募者対応、選考、面接設定・実施など採用活動全般に携わっていただきます。

    詳細はこちら

     

    〇外資系BPO企業 / デジタルセールススペシャリスト

    法人向けストレージ・クラウド製品を主力とする米系ITソリューションサービス企業のプロジェクトに日本マーケット担当デジタルセールススペシャリストとして従事いただきます。

    詳細はこちら

     

    〇外資系BPO企業/カスタマーサービス

    法人顧客からの日本語での問い合わせ対応(電話、メール、チャット)

    問題の精査、必要に応じた関係部署への引き継ぎ・フォローアップ

    詳細はこちら

     

    〇外資系BPO企業/フロントエンドエンジニア

    大手インターネット会社、広告プラットフォームのプロジェクトで勤務いただきます。

    詳細はこちら

     

    <こんな方におすすめ>

    〇日常会話レベル以上の英語力

    〇コミュニケーション力に自信がある方

    〇四大卒以上(就労経験3年程度)*ビザ取得条件に関わります

    *専門卒以上の方でも勤務年数や経験によっては応募可能な求人もあります。

    *3~6年程度の経験者向け求人が中心です。

    〇英語を活かして働きたい

    〇多国籍環境で働きたい

    〇海外勤務経験を積みたい

    〇ワークライフバランスを充実させたい

     

    マレーシア求人情報、マレーシア就職・転職にご興味をお持ちの方は、JAC Recruitment ジャパンデスクまでお問い合わせくださいませ。