ベトナム

ベトナムで暮らす

ベトナムは東南アジアの中でも治安が大変良い国だが、人が多く集まる場所では、スリやひったくり等の軽犯罪に注意が必要となる。交通に関しては、バイクの交通量が多いことが特徴として挙げることができ、バイク事故には注意が必要。ベトナムは親日国家である上、国民の80%が仏教徒で宗教的な考え方が日本と似ている点や、一般的にベトナム料理は日本人の口に合うと言われている点から、日本人にとって過ごしやすい国であると言える。

住居

駐在員向けのサービスアパートメント、コンドミニアム(プール/ジム/セキュリティーなど設備が整っている)から、ローカルアパートメント(造りはコンドミニアムとほぼ同じだが、プール・ジム・セキュリティ等はなく、その分お得)や、1ルームアパートメント(一軒家を改装して、各階や各部屋を単身者向け仕様にして貸し出している)がある。 ローカルサービスアパートメントの場合、家賃は3万円~8万円で、家具が一通り揃っており自身で購入する必要はない。また、掃除・洗濯サービスが週に3~4回入る場合が多い。家族向けのサービスアパートメント・コンドミニアムは10万円前後。

Accomodation in Vietnam

交通

Transport in Vietnam

鉄道はなく、タクシーやバイクタクシーが一般的。

タクシー: 会社により差はあるが、初乗りは約50円。市内であれば一回の乗車で約500円以内。

食事

日本人にも馴染みのあるベトナム料理が堪能でき、他アジア各国の料理に比べ比較的日本人の口に合う味付けになっている。その他、日本料理や欧米料理も浸透しており、様々な国の料理を楽しむことができる。フォーをはじめとするベトナムの麺料理は200円前後、生ビールは50円前後、カフェでのコーヒーは一杯100円~250円。ペットボトル500mlの水は、一本25円。日本食レストランでのランチは500~1000円前後、夕食は1500~2500円前後。

医療

殆どの在住日本人は日本語や英語で医師の診断を受けられる外資系病院を利用。但し、全ての治療がベトナムでできるわけではない。外資系病院でも治療不可能だと判断された場合はタイやシンガポールに搬送されるので海外搬送までカバーされている保険に加入されることをお勧めする。もし日本で手配出来なかった場合や更新が出来なかった場合、現地保険会社の保険に入ることも出来る。

生活費シミュレーション

<月収 1500USD(税込み)の場合 -単身でベトナムに滞在->

※USD / 1USD=約108円(2020年1月現在)

住居費(1Rサービスアパートメント) 300
食費 200
光熱費・水道費 100
通信費(携帯電話、インターネット) 100
その他雑費・交際費等 300
所得税 132
貯金 368
1,500

労働許可証(ワークパーミット)

書類準備から申請、取得までに約1ヶ月程度を見ておくことが必要(審査状況によっては更に日数がかかる場合もあり)。日本で準備ができる書類もいくつかあるので、事前の準備を進めてからの渡越をお勧めする。

<ワークパーミット取得に必要な書類(個人が用意するもの)>

  • パスポート および ビザコピー(「入国」及び「滞在」を許可する公的証明書。観光ビザ、商用ビザなど。)
  • 大学卒業証明書 又は 5年以上の在職証明書
  • 健康診断書: ワークパーミット申請用の健康診断というものが下記指定病院で受けられる。費用は病院により異なるが、約50~100ドル前後。
  • 写真: カラー、3cm × 4cm、耳を隠さない、眼鏡なし、背景は白:4枚 (ベトナムでも簡単に撮れる)
  • 無犯罪証明取得: ご自身の日本国内での管轄警察署にて取得が可能(1ヶ月程度が目安)。

~注意事項~

労働居伽所やビザの申請・取得状況については、随時情勢が変わるので注意が必要。最新情報については、ベトナム大使館・領事館での確認要。