英国・欧州

英国(ロンドン)で暮らす

一般的にロンドンの物価は高いと言われている。住居も東京のワンルームマンションとほぼ同額の家賃で、他人と共同生活をするフラットシェアの形態も多くある。地下鉄・バス料金や公共料金は、最近数年毎年10%前後の値上がりが続いており、20~40%となる高額な所得税も考慮すると決して「楽な暮らし」ができるとはいえない。

一方で、社会福祉制度の充実や博物館や美術館が基本的に入場無料であるなど、文化的な生活が安価に楽しめるという一面もある。

住居

賃貸物件に滞在する場合、カウンシルタックスと呼ばれる住民税や光熱費などは個人が払う。一般的に不動産会社への礼金は不要だが、1ヶ月~3ヶ月の敷金(Deposit)が必要。 Depositは退去時にクリーニング費用などを差し引かれた後、残金が返還される。家賃は単身用(ワンルーム・1DK)の場合は£900~£1100/月。シェアハウス(キッチン、リビングルーム共有)も一般的で、その場合は£600/月~。家族用(2DK以上)は£1800~。ロンドン中心部は大変高く、ロンドン以外では相場は上記より低い。

交通

ロンドンは地下鉄・バスなどの公共交通機関も発達しており、どこにでも行けるが、遅延・キャンセルも頻発するので、事前の運行状況確認が推奨される。

地下鉄の運賃はゾーン制と時間帯別運賃を採用している。プリペイド式のOyster Cardを利用すると、紙の切符より安い運賃が適用される。

深夜でもナイトバスがロンドン全域の要所を網羅しており、終電を逃してもタクシーに頼らず帰宅することも可能。タクシーはメーター制で初乗り£2.6(約370円)。それ以降は距離や乗車時間により上がる。ミニキャブやウーバーも普及している。

医療

6ヶ月以上滞在する方は、公共の医療機関NHSが利用できるため医療費が無料になる。

*日本語が通じる有料の医療機関を利用するケースも多いが、現地の無料医療を利用する方も多い。

食費

ロンドンには日本食レストランや日本食料品店(特に北部・西部)が多く便利。

一方で外食は内容に比べ高いので、ランチは持参する場合が多い。テイクアウェイは豊富に揃っているが約700円~1,500円 と高め。パブ飯と呼ばれるパブでのランチは手頃感はあるものの1,500円~3,000円程。日本食レストランでの着席した夕飯は5,000円~10,000円) 程度。缶ビール1本 150円 程度、カフェでのコーヒーは300円~450円。

生活費シミュレーション

<月収 £1,700(税込み) の場合 -単身でロンドンに滞在->

※£=英ポンド=約154円(2018年1月現在)

住居費(ルームシェア) 600
食費 70
光熱費・水道費 140
通信費(携帯電話、インターネット) 70
その他雑費・交際費等 150
交通費 124
所得税 340
貯金 206
1,700

就労パス(Employment Pass)

英国での就労には、就労可能なビザの保有(結婚など)、もしくは、就労ビザを企業にサポートしてもらうことが必要。英国政府は、英国での労働許可を取得するにあたり、ポイントベースシステムを採用している。就労およびビジネスに関わる形態や目的によって、Tier1~5のカテゴリに分けられた様々なタイプの労働許可証がある。

詳細は下記UK Border Agency(英国国境庁)ウェブサイトを参照。

http://www.bia.homeoffice.gov.uk/workingintheuk/

ここでは特に、スポンサーとしての企業が申請を行うTier2について説明します。

いずれの労働許可を得る場合にも、現在の英国内経済および就労事情が、英国民・また英国で自由に就労可能な国籍者(EU諸国など)以外の国籍者の就労可能性に大きく影響する。この状況下で、あえてそれ以外の国籍者に雇用機会を与えるVISAを発行するには、その許可を受ける人材において、英国内で既に就労可能な人材ではカバーできない、また英国社会・経済が豊かになることに貢献できる能力があることが前提となる。

Tier2 General: (企業申請)

雇用主(企業)がイギリス現地にて申請。個人申請は不可。

申請にあたっては、企業側のスポンサー登録・経営状況の審査(監査済み会計報告書、年次報告書の提出)なども必要。

UK/EU国民の雇用だけではまかなえない分野・職種のポジション(UKBAに指定職種一覧有り)に発給されるため、企業側は「イギリス国内で求人広告など求人活動(28日間、証明要)を行ったが、適任者が見つからなかったため、日本人労働者を雇用する必要がある理由」を明示、その他学歴および経歴の証明書(CV)を提出。

以下の基本条件を満たしていることが申請の目安

  1. 大学学部卒業以上の学位
  2. 正社員としての職務経験(3~5年以上)
  3. 英語力、ほかマネジメント経験、ビザ申請ポジションの職務内容に通じる専門性など

申請条件を満たしていても必ず許可がおりるとは限らず、企業側にとっても時間とコストがかかる上にリスクが高いので、英国内では既に現地で働けるビザをお持ちの方を優先的に採用することが主流。