インド

インドで暮らす

デリー近郊(グルガオン含む)はメトロが開通しており公共交通機関も発展してきている。商業施設なども多く点在しており、一部では日本のようなオフィスビル群もできている。

特にグルガオン(デリーから1時間程度の新興都市)は日系企業の進出も増え、日本人も多く在住している。ここ1~2年で日本食レストランも増え、日本人が生活しやすい環境が以前に比べ整いつつある。

治安については、軽犯罪(スリ、ぼったくりなど)が他アジア同様観光地でみられるものの、都市部では夜間に女性一人で出歩くなどしない限り問題ない。多くの日本人は外出時にドライバー付きの車で移動したりタクシーを利用するため上記のような状態になることもない。

住居

ローカルな集合住宅から高級マンションまで様々な選択肢がある。デリー、グルガオンエリアの 場合、1Rから2BHK(2 bed room)で25,000~60,000INR(約3.8~9.1万円)程度。単身用・夫婦・家族向けのコンドミニアム、サービスアパートメント、PGというシェアハウスの形態もある。 家具付きとそうでない物件があるため、ニーズに合わせて選ぶのが好ましい。

比較的セキュリティーがしっかりした所である事と、夏の猛暑を避けるため最上階を避ける事に注意したほうが良い。

交通

市内を移動する際にはメトロ、タクシー、三輪タクシー(オートリキシャ―)が一般的。オートリキシャ―の場合はメーター制でも料金交渉をしてくることがあるので注意要。

オートリキシャー:初乗り30INR(50円)~。1km約10INR程度

タクシー:オートリキシャーの約1.5倍の値段(Uber、Olaなど、配車サービスのアプリが便利)

メトロ:デリー・グルガオン、ムンバイ、バンガロール、チェンナイで開通。25INR~国内移動の場合には列車、長距離バス、飛行機等の手段がある。

食事

北部では小麦の薄焼きパン(チャパティ)、南部と東部では米を主食とし、スパイスを多用した料理 がインド全土で食べられる。国土の広さに比例してその味付けは地域ごとのバラエティに富み、各地の料理を食べ比べるとその多様さを実感することができる。 加えて和食、洋食、中華、ファーストフード(マクドナルド、Subway、KFC等)、などのレストランも揃っていますので、たとえインド料理に飽きても食事に困ることはない。屋台であれば30INR(50円)程度、日本食レストランでは600~800INR(1000~1400円)程度とやや高め、マクドナルドやKFCなどのファーストフードは200~350INR(350~600円)程度。ビール1本(330ml)80INR(130円)程度、水は1本(500ml)10INR(17円)程度、スターバックスのラテ(T)で140INR(240円)。

医療

最新の医療設備を備えた 近代的な私立病院があり、欧米の病院で経験を積んだ優秀な医師が多数勤務している。気候面からも体調を崩すことも多いため、体調管理には十分注意が必要。飲みなれた日本の薬があるようであれば、持参された方が良い。

生活費シミュレーション

<月収 140,000INRの場合 -単身でインドに滞在->

※INR=ルピー / 1INR=約1.5円(2020年1月現在)

家賃 30,000
食費 30,000
水道光熱費 3,500
携帯電話 500
その他 10,000
所得税 30,000
貯金 36,000
140,000

就労許可証(Employment Pass)

用意する書類が多く、手続きが多種煩雑である事を除けば、年収162.5万INRを上回る給与体系であれば、ビザ申請が却下されるケースはほとんど見受けられない。

但し、申請書類・条件については適宜変更があるため、詳細については、インドビザ情報センターを確認下さい。 http://www.indianvisaatjapan.co.jp/index_jp.html