香港での転職・生活事情・就労許可証情報

正式名称は、『中華人民共和国香港特別行政区』。香港島や九龍半島などの島々で構成されている。多国籍の人材が集まる国際都市で人脈形成やビジネスにはとても魅力的な国である。

世界でも人口密度の高い地域の一つであり、人材も豊富なため海外からの人材には専門的な役割を期待されることが多くなっている。製造、貿易、小売、物流、IT業界では、営業経験者の需要が高い。

金融関連では、各領域の専門知識、資格、もしくはカスタマーサービス経験が求められることが多い。香港で必要とされている人材は、「スペシャリティがあり即戦力になる人」である。大半の香港人が広東語に加え+北京語+英語を話すことができ、場合によっては日本語もできるため、日本人にしか出来ない専門的な仕事ができないと評価が厳しくなっている。就労ビザの取得要件については、シンガポール等と比較するとまだまだ取りやすい環境といえるが、原則としては、実務経験が3年以上の大卒人材が求められており、新卒で就職するのは非常に難しくなっている。

※非公開求人については、ご登録後、お問い合わせください。
※非公開求人のご紹介は、弊社の転職サポートへのお申し込み後、コンサルタントとの面談が必要になります。
※ご経験により、求人をご紹介できない場合もございます。ご了承ください。

JAC Recruitment 香港 コンサルタントより

香港における日本人の就業状況は?

香港の労働市場はかなり成熟しており、現地化も進んでいます。日本人人材に対して業務経験や 知識がより求められている中で、日系企業で勤務する場合はもちろん、外資系企業で勤務する場合も日本マーケットを担当するケースが多く、まずは「日本人としての対応」を求められています。

日本人としてのきめ細やかな対応や顧客へのプラスアルファのサービスを提供できるかどうかが日本人雇用の付加価値となっています。

語学力については?

日常生活で使われているのは広東語ですが、ビジネスの場面では英語が必要とされています。

最近は北京語人材の需要も高まってきています。また、社内外で関わる香港人やその他外国人とのコミュニケーションを円滑にするために語学力は必要ですが、人間関係を構築するのは語学力だけでなく、コミュニケーション力もとても大切な要素です。