マレーシアの求人・現地生活情報

マレーシアは多民族国家という背景から民族間やビジネスでの共通言語として英語が通じ、親日国でもあるため、日本人にとっては快適に働くことができる国である。

製造業が盛んである一方で、近年ではサービス/小売/IT関連など非製造業の企業も多く進出してきており、多様な人材のニーズが増えている。

職種としては製造業や専門商社等での営業職や内勤職、技術職、経理・財務などの他、建設/エンジニアリング業界での技術職などの需要が増加。併せてBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)やSSC(シェアードサービスセンター)のハブになっていることから、多国籍企業からの求人も増加傾向にある。

JAC Recruitmentマレーシア コンサルタントより

海外就職を成功させるために

英語などの語学ができれば海外での就職が成功すると考えるのは大きな間違いです。英語が話せてもコミュニケーションが上手く取れない人も少なくは無く、現地人から反発を買い、退職・帰国を余儀なくされるようなケースもゼロではありません。海外で生活・就労をする場合には謙虚な気持ちは忘れず、日本人のみだけではなく、現地人スタッフなどとも上手くコミュニケーションを取る努力を是非惜しまないようにしてください。

また、特に日本在住で海外への就職活動をされる場合には、計画性と行動力が必要です。受身だったり先入観で視野を狭めてしまうと損をしますし、海外就労は現実のものとなりません。また、企業との面接のための現地訪問が基本となりますので、ある程度の経済的、時間的な余裕も必須です。

ご家族がいらっしゃる方の留意点

ご家族で海外に移り住んだ場合、万が一何かあっても、引越しやお子さんの学校などの手続き等にお金も時間もかかりますので、すぐに帰国や退職・他国への移住といったことが簡単にできません。特定の国に長期的に滞在した経験が無いようであれば、住まいや教育費、生活費等事前にきちんと調査した上で、生活が本当に成り立つのか試算をしてから本格的な検討をすることをお薦めします。

慎重になり過ぎても海外就労はできませんが、事前の十分な調査が大原則です。