インドネシアの求人・転職情報

自動四輪および自動二輪、電子、電気関連の日系製造業が中心です。そのほか、日系企業を顧客対象とした物流業や商社、サービス産業などがあり、その数は1,000社以上にも上ります。シンガポールに近いバタム島の工業団地、一部スラバヤ圏内など特に保税地区で操業している企業もあります。

日系企業製造業では、インドネシア人労働者を指導する管理者の需要が継続的にあります。工場の従業員との英語によるコミュニケーションは難しく、インドネシア語のわからない日本人駐在員と、英語のできないインドネシア人労働者の橋渡しとして、現地採用の日本人が活躍するケースが多く見られます。

JAC Recruitment インドネシア コンサルタントより

インドネシアにおける日本人の就業状況は?

日本であれば、転職を考えたときにある一定の年齢で制限されることが多いのですが、インドネシアは幅広い層の求人をいただいているのが特徴でしょうか。年齢層で言えば、20代から50代の方の就職をお手伝いをすることもあります。また、最近は女性向けの求人も増えてきています。実力、スキルがあれば老若男女問わず就職のチャンスがあり、そういう意味でとってもフェアな環境だと思います。

語学力については?

仕事の内容によりますが、インドネシア語もしくは英語が日常会話レベル以上が必要。

インドネシアの生活について

ジャカルタは日本食レストラン、日本食スーパー、ショッピングモールが充実し、生活には不自由しません。日本人社会も様々なサークル活動、スポーツクラブ、県人会、各大学の同窓会などがあり、交流が盛んで、同年代の友達もすぐにできます。休みの日には、男性はゴルフやスポーツ、女性はインドネシア舞踊を習ったり、マッサージやスパを楽しんでいる人が多いようです。長期休暇には、日本へ一時帰国される方がいる一方、海外旅行やバリなどのリゾート地でのんびり過ごす、という方も多いです。