インドネシアの求人・現地生活情報

インドネシアは政治的にも落ち着いた黄金時代を迎えている。人口の多さや豊富な天然資源など大きなポテンシャルに日系を含む多くの外資系会社が次々に進出してきている。業界としてはバイクと車を中心とした製造業が伸び続けており、それに伴いオートファイナンスや銀行、物流や商社なども事業拡大や新規事業の立ち上げが相次いでいる。求人数は安定しているが、就職希望者が少なく変わらずの売り手市場である。ただ、ビザ規定も厳しくなってきおり、以前のように「誰でも」という雰囲気は無く、海外で働く強い意思と語学力(英語・インドネシア語)や専門性、職業経験などの採用基準が高めになり、選考も少しずつ厳しくなってきている。

新着求人

JAC Recruitment インドネシア コンサルタントより

インドネシアにおける日本人の就業状況は?

日本であれば、転職を考えたときにある一定の年齢で制限されることが多いのですが、インドネシアは幅広い層の求人をいただいているのが特徴でしょうか。年齢層で言えば、20代から50代の方の就職をお手伝いをすることもあります。また、最近は女性向けの求人も増えてきています。実力、スキルがあれば老若男女問わず就職のチャンスがあり、そういう意味でとってもフェアな環境だと思います。

語学力については?

仕事の内容によりますが、インドネシア語もしくは英語が日常会話レベル以上が必要。

インドネシアの生活について

ジャカルタは日本食レストラン、日本食スーパー、ショッピングモールが充実し、生活には不自由しません。日本人社会も様々なサークル活動、スポーツクラブ、県人会、各大学の同窓会などがあり、交流が盛んで、同年代の友達もすぐにできます。休みの日には、男性はゴルフやスポーツ、女性はインドネシア舞踊を習ったり、マッサージやスパを楽しんでいる人が多いようです。長期休暇には、日本へ一時帰国される方がいる一方、海外旅行やバリなどのリゾート地でのんびり過ごす、という方も多いです。